« こどものちから | トップページ | 難産 »

いーけないんだ!

お散歩中。

小学生高学年くらいの女の子が前から歩いてきた。



ふいに女の子は私の前を横切り、道からそれた。

その瞬間・・・

”ぺっ!”



・・・!私絶句しました。

公衆の面前で堂々とガムを吐き捨てたその女の子。

後ろから来たお母さんらしき女性に駆け寄り、笑顔で話している。

お母さんらしき女性も明らかに見たろうに、何事もなかったように話している。



ガムですよ、ガム。

唾ですらよろしくないと思うのに、ガム!

道路にガム!!



「今何した?」

「あなたが踏んだらどう思うのよ!」

「お母さん、注意しないんですか?」

・・・。

『わたし、注意しないんですか?』



・・・ごめんなさい、注意できませんでした。



見逃した私も同罪ですね。

うるさいやつ、といわれてもやっぱり、注意すればよかった。

後に残ったのは不愉快さと後悔。



こどもの目にはどう映ったのでしょうか。

ことものころなら「いーけないんだ、いけないんだ!」と叫べたろうか。











|
|

« こどものちから | トップページ | 難産 »

反省したこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こどものちから | トップページ | 難産 »