フォト

最近のトラックバック

« 2005年7月3日 - 2005年7月9日 | トップページ | 2005年7月17日 - 2005年7月23日 »

2005年7月10日 - 2005年7月16日

いーけないんだ!

お散歩中。

小学生高学年くらいの女の子が前から歩いてきた。



ふいに女の子は私の前を横切り、道からそれた。

その瞬間・・・

”ぺっ!”



・・・!私絶句しました。

公衆の面前で堂々とガムを吐き捨てたその女の子。

後ろから来たお母さんらしき女性に駆け寄り、笑顔で話している。

お母さんらしき女性も明らかに見たろうに、何事もなかったように話している。



ガムですよ、ガム。

唾ですらよろしくないと思うのに、ガム!

道路にガム!!



「今何した?」

「あなたが踏んだらどう思うのよ!」

「お母さん、注意しないんですか?」

・・・。

『わたし、注意しないんですか?』



・・・ごめんなさい、注意できませんでした。



見逃した私も同罪ですね。

うるさいやつ、といわれてもやっぱり、注意すればよかった。

後に残ったのは不愉快さと後悔。



こどもの目にはどう映ったのでしょうか。

ことものころなら「いーけないんだ、いけないんだ!」と叫べたろうか。











こどものちから

こどもは宇宙です。



近頃、子供の力の凄さを思い知らされます。

それは別にうちの子に限ったことではなく、みんな。



例えば、昨日できなかったことが今日にはいとも簡単にできていたり。

知らないと思っていたことをふいっと知っていたり。



そして、おとなよりずっと大きくてずっと素直でずっと優しい。

いいなあ、すごくいいなあ。

私はいつから出来なくなってしまったんだろう?

これからきっとこの子たちに思い知らされていくんだろうなあ。



置いて行かれないように、この子たちと大きくなっていこうと思うのです。





« 2005年7月3日 - 2005年7月9日 | トップページ | 2005年7月17日 - 2005年7月23日 »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ