フォト

最近のトラックバック

« 2005年10月16日 - 2005年10月22日 | トップページ | 2005年10月30日 - 2005年11月5日 »

2005年10月23日 - 2005年10月29日

行きたかったなぁ

行きたかったなぁ~

阿佐ヶ谷ジャズフェスティバル・・・

行きたかったなぁ~~

公園事情

公園が汚いのです。



なんだ、おもむろに、といった感じですが。

でも!

公園が汚いのだよ、諸君。



なんなのかしら、いったい。

なぜゴミを平気で捨てていくのかしら。

なぜたばこの吸い殻を始末できないのかしら。

なぜペットが遊具におしっこするのを容認するのかしら。



小さい子供を持って公園に頻繁に行くようになってから、

何度となくイヤなかんじがしていました。

だって、子供を遊ばせたくないくらい汚いんだもの。

でも、子供は遊びたいのですよ、公園で。



せつないくらい人間は身勝手です。

公共の場所は自分のモノだけどヒトのもの。

汚しても誰かが片づけてくれるのがあたりまえ。



いーや!

せめて私くらい、子供の足下に落ちているゴミを拾って帰ろう。

きれいな公園で安心して子供を遊ばせてやりたい。

切に願うのです。







お墓参り

お墓づいていますが。

今日は義祖母の父母のお墓参りにおつきあいしてきました。

半分以上、息子を原っぱで遊ばせるために連れていってもらいました。



お墓は多磨霊園にあるのですが、広いです。

去年も行ったけど、一度行ったくらいじゃ覚えられない。

よくみんな間違わずにたどり着けると感心します。



かの有名な細木和子先生がいっておられました。

「先祖を大事にしろ。

嫁いだら実家のお墓参りは旦那にさせないほうがいい。

嫁は嫁ぎ先の墓参りをしっかりしろ。」

と。



私は崇拝者ではないですが、彼女の言うことは筋が通っていると思うので

ふむふむ。と参考にさせてもらっています。



で、先日の法事で相方に実家の墓参りをしてもらったので

今日はお礼とお詫びもかねて。

といっても、嫁ぎ先の義祖父の実家の墓にお参りするのが

細木先生の言っている「嫁ぎ先の墓」なんだけど。

でも新潟にあるのでまだ私は一度もそちらに出向いたことはありません。

いつか行く機会はあるのかしら・・・。



そもそも、田舎育ちのわたしにとって、

家の中の仏壇の存在や先祖や亡くなった親戚って身近なものだったのですが、

東京に来てからというもの、少し遠くなった気がします。

こちらはあまり家の中に仏壇なんてないですしね。



実家では、正月・春彼岸・お盆・秋彼岸と年に四回お墓参りが普通で、

毎日、朝仏壇に手をあわせるのが習慣でした。

神様とかご先祖さまとか、当たり前に身近にあるものだったのですけどね。



きっとうちの息子にはあたりまえではなくなってしまうのでしょう。

これも大切な日本の文化だと思うんだけどな。

私は伝えていきたい文化です。







一本でもにんじん

05-10-23_11-38.jpg
実家の法事に行ってきました。
父方の祖父の23回忌と曾祖母の27回忌でした。

朝からお寺が法要の時間を間違え、
12時スタートの予定が10時に。
てんやわんやで着替えだけして飛び出しました。
なんちゅう法事だ。

さしてイベントのない田舎は、
法事となると一大事。
なのにこの失態はないだろ、お寺さんよう・・・。

さて、そんな実家でおもしろ人参発見。
なんに見える?

« 2005年10月16日 - 2005年10月22日 | トップページ | 2005年10月30日 - 2005年11月5日 »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ