« 伝わること、コミュニケーション。 | トップページ | みてしまった! »

親の定義

向井亜紀さん夫妻のことで、「ホントねー」と考える。

親とは、何をもって親として認められるのか。



向井さんは「このことで親とは何かをもっとたくさんの人に考えて欲しいと思う」って言っていて。

同じように、私も考えるし、考えて欲しいなあ、と思ったりする。

難しい問題ではあるけれど。



ただね。

(これは、私のいち、考えですので悪しからず。)

そうまでして子供が欲しい人がいて。

この上ない愛情を親としてかけていく気持ちの人がいれば。

それとは反対に望まれない出産があって。

親としての愛情を持てないまま子育てしてしまう人もいる。



堕胎は良くない、けれど。

育てたくない人が堕胎出来ずに産んでしまうこともあって。

産まれた子供に罪はないのに、悪者扱いされて育つほうが、怖い。



子供には親の愛情が必要だ。

それは絶対。

だったら。

「産みの親より育ての親」という言葉もあるように。

愛情をかけてくれる育ての親のほうを「親」と呼びたいようにも思う。



もちろん、それに戸籍が伴えばより、いいのでしょう。



母親になった私が思うのは。

語弊があるかもしれないけれど。

産むのは一時。健康な女性ならできる。

それよりも、育てる、ということはずっとずっと大変なのだということ。

親は、育てて続けてやっと自分を親だと思えるということ。



私もまだ、親の途中。

|
|

« 伝わること、コミュニケーション。 | トップページ | みてしまった! »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伝わること、コミュニケーション。 | トップページ | みてしまった! »