« 成長の証 | トップページ | プランUP♪ »

親子の思い

最近、母が携帯メールをやっと文章で送ってくるようになった。

更年期で「メールやってると頭がクラクラする」なんて言ってた頃からみれば、格段によくなったみたい。



メールには「今を大切にする事が大事なことを夫婦で判るみたい 会話が増えました~つまらない 話でも耳を傾ける優しさは何より大切だとおもう」と。



こんな歳になっても、自分の両親が仲が良いとほっとするし、なにより、嬉しい。



危機がなかったわけではなく、模範的な親であったわけでもない。

むしろ、つまらないことで毎日喧嘩して、子供としてはハラハラしていたし、小学生から母親の愚痴聞き役だったから子供らしく甘えきれなかった。



そんなだから早く実家を離れたくて遠くの進学高を受験し、中学卒業すると下宿生活を始めた。

でもすぐに親の有り難さもわかったし、自分が子供だということもわかったんだけど。



つい半年前に夫婦の危機について母に相談された私は、高校受験を控えた妹にかこつけて、

「あんたたち、親を放棄しちゃいけないよ!もう少し、夫婦で考えてから娘に相談しなよ!」

なんて偉そうに言ってしまったんだけど。

本当は。

私が子供であることを思い出して欲しかっただけだったなあってすぐ後に思ったのでした。



いくつになっても親は親で、子供は子供。

よく親から言われる言葉だけれど。

子供からしても思いは同じ。

ずっと、仲良くしててよね。

ノロケくらいは聞くからさ。

|
|

« 成長の証 | トップページ | プランUP♪ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 成長の証 | トップページ | プランUP♪ »