« 2007年2月18日 - 2007年2月24日 | トップページ | 2007年3月4日 - 2007年3月10日 »

2007年2月25日 - 2007年3月3日

ん?!

img20070228.jpg
な~んか、へんだぞ?


…面って。。。

| | コメント (0)
|

いたい、いたい。

傷がついたときに痛みを感じない心はやはりどこか歪んでいるのか。

はたまた振りの自己防衛か。



でも開いた傷からは血も出るし。

紛れもなくじわじわと痛みもやってくる。



久しぶりに流した涙はちょっとは私を癒してくれるけど、傷は塞いでくれるかしら。

痛みに鈍感な心につける薬はあるのかな。



なあんだ。

昔から、ちっとも変わってないや、私。

ここをいつでも抜けられない。

なぜ、痛くないふりをしてしまうのだろう。

もっと自分と向き合わないと、また、繰り返し。

いつか、疲れて、投げ出してしまう前に。

| | コメント (0)
|

アンテナぴぴぴ

今日はキューブリックのイベント「演劇であそぼ!」日だったのですが。

有料(500円)になった1回目なので、3才児のワガママ息子を野放しにさせてておくわけにもいかないと判断し、私が中継するのは断念しました。

残念。

みんな、どうしているのかとっても気になる。



まあ、気にしていても仕方ないので、かねてから親友愛子に勧められていた、「子育てワークショップ」に行くことに。

午前は2~3歳の子供を対象に、遠野の辺りの童歌を使って、子供と触れ合いながら、表現していく楽しさを発見したり、子供の成長を促すプログラム。



子供の成長には模倣する能力ってすごく大事なんですって!

だから、親が手をとって教え込もうとするんじゃなく、放っておいている風で、親がやってみせて待っていてあげる。

すると、この先の成長過程で子供自身が生きやすくなるんだそうです。



改めて目からウロコ。



このプログラムの講師の方も3才と0才児のお母さんだそうで。

すばらしい!

表現って奥深いよ。



せっかく受講費払ってるんだから、払ったぶんは最低身につけてかえりたい~。

私がワークショップに初めて参加したときに、その講師・成井豊さんから頂いた心がまえ。

以来ワークショップに参加するときは必ず心がける。



「せっかくだから、是非どうぞ」と言われ、午後の3~5才対象のお話しづくりワークショップも参加。

講師の杉浦さんは私の大学時代の先輩。

役者のイメージが強かった杉さんが、すばらしい指導者になっていらして感動!

子供を惹き付ける素敵な雰囲気と、巧みなお話しづくりで感心しきり。



講師の方々の子供と接する目を見ていたら、ああ~私はなんて煩悩と自己愛の強い人間なんだ!!と反省したりして…。

私に足りないものが見えた気がする。もう一度、原点回帰だ。



ひやぁ~~!

いい経験したなぁ!!

息子が?

いやいや、私が!!

来週も引続きあるのです。

楽しんでいただいてきます☆

| | コメント (0)
|

« 2007年2月18日 - 2007年2月24日 | トップページ | 2007年3月4日 - 2007年3月10日 »