« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月13日 - 2008年4月19日 »

2008年4月6日 - 2008年4月12日

ちと逃避!

ブログを開けたら、ぱんだののびこが「こんばんわ」といいました。

次クリックしたら「題、ほしい?」って聞かれました。

題??



さて。



明日衣裳合わせ。

まだ出来上がっていません。

縫っても縫っても終わりません。

ミシンがちょっとおかしくなってます。



そのうえ。

鼻水とくしゃみで溺れそうです。

ひのきの花粉にやられています。



もう、寝たいよーーーーーーーー。



ぐおおおおお。



はい。

縫います。

| | コメント (0)
|

今月のお題「電車」

きゅ~め~るの今月のお題は「電車」。



電車って、甘酸っぱい想い出の場所だわねぇ。



高校生の時、下宿して高校に通ってたんですが。

土日実家にいて、月曜は1番電車で学校に行くのです。

で、その1番電車には当時好きだった男の子が乗っていて。

中学校の卒業式で告白しそびれたもので、諦めたような、諦めきれないような、そんなドキドキを味わいながらその子を探して同じ車両に乗りました。

なんてことない言葉を交わしてさりげなく、同じボックスの席に座るのです。

結局、その彼には何も告げないままだったけどね。



ああ~。

キューンとしちゃうわね。

青いわぁ。



私の実家の方を走っているその路線は、田園風景が本当にキレイ。

原由子の「花咲く旅路」がドンピシャに似合う。

電車での想い出は、匂いや、温度や、そのときの光や音なんかが全部一緒の塊りになって思い出されます。

一つの絵みたいに。



その頃、高校1年生なのに「切符の買い方がわからない」とのたまった親友には驚かされたな。



今、私は息子のおかげですっかり鉄子。

まぁ、別に車体番号で電車を呼んだりはしないんだけど。



そういえば、大学時代は小田急線でフリーパス切符の売り子バイトしていたり。

意外と電車に縁があるのかも。



さて!やっとお知らせできるぅ!!

キューブリックの6月公演は銚子電鉄の車内でやることになりました。

HPでの詳細は銚子電鉄さんとのタイミングあわせての発表です!

銚子の町までまるごと、お芝居と一緒に楽しんで欲しい♪

そんな、作品にします。

お楽しみに!!!

| | コメント (0)
|

お仕事中

実は衣裳のお仕事中です。

とっても忙しくしています。

例の如く時間配分が下手で困ります。



以前「空飛ぶ100マイル」さんでお仕事したときに出演していた役者さんからの紹介で、衣裳製作のお仕事。

デザインは劇団の主宰さんがやってくださるので、うんうん、大丈夫なんて思っていたら!!

どうすんだ!

まだ出来上がっていないものがわんさとあるのに衣裳合わせ間近!!!

こえ~。

また寝られないぃいい。



そんなわけで、17日初日です。

お時間ある方は観に行ってみてくださいな♪





*****************************

進戯団 夢命クラシックス

#6 ブロッサム・セレナーデ~よしのと魔王



2008年4月17日(木)~20日(日)

大塚 萬劇場(JR山手線大塚駅北口下車・徒歩4分/都電荒川線巣鴨新田駅下車・徒歩3分)



タイムテーブル

17日(木)19:00

18日(金)14:00/19:00

19日(土)14:00/19:00

20日(日)13:00/17:00



チケット 3000円 前売り・当日共

※受付開始は開演1時間前。

※ロビー会場は開演の30分前。



世紀末、かつて世界中を不安と恐怖に包んだノストラダムスの大予言。

その予言は間違ってはいなかった。アンゴルモアの大王は実在した。

その正体こそ宇宙最強の戦闘民族アーク星人の艦隊首領「大魔王アンゴルモア」だった。

その圧倒的な武力は、あの時人類に恐怖と絶望を与える筈だった。



ただ間違っていたのは。



彼が極度の方向音痴だということだった。



1999年から9年間。地球をさ迷った大魔王は今更地球に到着。

遅刻はしたが、その圧倒的な力で地球を制圧するという彼の計画に間違いはなかった。



ただ間違っていたのは。



魔王の宇宙船に小学生の地球人「綾瀬川よしの」が乗り込んで来てしまった事だった!



大魔王と小学生の出会いから巻き起こる壮大なお遊戯(たたかい)。

地球軍、ヒーロー戦隊、様々な種族と思いが駆け巡り、やがて一つの愛が芽生える…のか…?



ただ分かっているのは



今度のクラシックスは宇宙でお花見をしようとしていることだ!



■キャスト

classics

芹澤良/須賀麻耶佳/かおりかりん/笹岡幸司/伊藤マサミ



guest

小田竜世(FEVER DRAGON NEO)

松平美波穂(yurunora)

北島宏章(yurunora)

佐々木義人(マルチネス)

宝栄恵美

みかん(Dears Promotion)

笠原久未(KNOCKS)

永井誠

平野博也

YOUFAst(G-Style Action Communion)



中村卓椰(Alex Agency)



ensemble

小畑友香里

田中裕士(竜聖群)

植田真弓(7contents)

野崎雅志(X-クロス) 他



■スタッフ

作・演出 伊藤正巳/舞台監督 井関景太(有限会社 るうと工房)・浜辺心太朗/音響 志水れいこ/効果音 佐々木恭平/

照明 小川伊久馬/道具・特殊技術 木下慶太(風牙)/衣裳製作 奥山静香(パンダ舎)/衣裳協力 X-QUEST 若原工房/

映像 麻愛/映像オペレーション 谷田貝健太/アクションコーディネート smc/振付 ME☆GU/フライヤー 佐藤博昭/

制作 京極愛奈(TUFF STUFF)/制作協力 清水久子(TUFF STUFF)/撮影 疾駆猿/プロットアシスト 浅沼晋太郎







| | コメント (0)
|

「誰ガタメノ剣」ページ更新♪

キューブリックHP内の「誰ガタメノ剣」ページ更新いたしました!

公演終わったのに、何?

ってかんじでしょ。



やっとの事で舞台写真がUPされたのです☆



それと共に、公演のアンケートから「ベストドレッサー賞」も決定いたしましたの!!

衣裳をこうして取り上げていただくのはとても嬉しいですなぁ。

ちゃんと各役者陣のコメントつきです。



そんなわけで。



「誰ガタメノ剣」ページはこちらhttp://www.qublic.net/tagatame_hp/tagatame.html



写真から「誰ガタメノ剣」を振り返ってみてくださいね!



で、次回公演のお知らせはもうしばしお待ち下さい。

早く言いたいんだけど!

言えない事情が!!

COMING SOON!!!

| | コメント (0)
|

ネガ部注意

非常にネガティ部におります。

ネガティ部お嫌いな方はこの日記はスルー!!!!

スルー!!!!!









ここ1ヶ月くらい。

ちっさなことが積もり積もって、イライラしていて。

消そうと思っていても消えなくて。

とうとう。

昨日そのタワーが崩壊した。

プチ崩壊。

中でもっともっと大きなものが崩壊できずにより巨大なタワーになっている。

自分が怖い。



ちっちゃいうちに言えばよかった。

きっとみんなそういう。

私もそう思う。

でも。



それで変わったか?



そう思う私もいる。

今まで変わらなかったから。

今までも、これからも、変わらない。



私が我慢すればいいって思ってしまった。

でも、それができなかった。

で、プチ崩壊。



じゃあ、どうして欲しいか、といえば。

突き詰めれば、私はただ悲しいだけなんだ。



「子供の話は話したいと思っているそのときに聞いてあげなさい。

”あとで”が続くと子供は話す意欲を失います。」

育児書に書いてあった。

そのとおり。

オトナは我慢ができるけど。

オトナだって積もっていけば子供と同じ。

我慢がだんだん悲しさと寂しさに変わっていって。

最後は無関心か、怒りになる。

コドモも、オトナも、同じ。

初めて分かった。



きっと発端はそんなもの。

それから、プラス、いろんなこと。

つまんないこと。

それだけなら、とってもつまんないこと。



悲しいだけ、なのに。

どこにも置き場がない。

何にも変換できない。

私は私、なのに。

私でいられない。



書いてみたら整理できるかと思ったけど。

まだまだ整理できませんでした。

ムズカシイ。

あー。

全部投げ出してみたいよう。

| | コメント (0)
|

« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月13日 - 2008年4月19日 »