« ひとり、もやもや | トップページ | クリスマスは愛でできてる »

長男たあの夢遊病

長男たあは、どうも夢遊病の気があるらしい。

夜中、トイレに起きて、寝室の隣の部屋へいって用を足そうとすることは、ざら。

よく階下のひいじいちゃん、ばあちゃんの部屋へ半泣きで降りて行き、

何も言わずに戻ってくる。

ひいじじ・ばばはいつも「???」な状態。



昨夜はびっくりするようなことがあり。

たあと次男あきを寝かしつけてる間にいつの間にか私もウトウト…

はっ!仕事せねば!!衣裳作らねば!!!

と目を覚ますと。

たあがドアの前に立っている。

いつもどうり半泣き。(←たあは夜中起きるときはいつも半泣き)

でもなんか変。。。



!!!!!



たあ、全裸なんですけど!!!!!



「おい、たあ、どおした?!(すぐ横で抱きかかえてるあきが起きるので超小声)」

「ふゅ~。はゆ~。(半泣き)」

「トイレ?!トイレ行って来い!!」



たあ、いつも通りトイレと逆の、隣の部屋へいこうとする。

「たああああ!そっち、ちがう!!」

「はぁん??ひぅ~。。(半泣き)」

なんとか正しくトイレに行く。

ふぅ。大丈夫か?

戻ってきたたあはなぜか足踏みしている。

半泣きで。

しかも全裸で。



「たあ、寒いんだから!服着ろ!!」

「ひぁ~。。。(半泣き)」

母の声を無視し、全裸のままふとんへ。

「たあ!、風邪ひくぞ!!たあ!!!!」

「。。。。。。」

たあ、完全無視。



翌朝ひいじじの話では、たあは全裸でやはりひいじじの部屋へ。

ひいじじがたあに何をきても半泣きで答えず。

そのまま階段を上って行ったという。

何をしに降りていったのか。。。



私が目を覚ましたのはどうやらじじの部屋から戻った後だったよう。



わが息子ながら、謎。

あ。でも私も夢遊病者だったらしいからなぁ。

親に似たのか。

今後もわが息子の奇行の観察を続けます。

img20091218.jpg


ちなみに、次男あきは目を開けて寝る。

これも私に似たのです。

|
|

« ひとり、もやもや | トップページ | クリスマスは愛でできてる »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとり、もやもや | トップページ | クリスマスは愛でできてる »