« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月21日 - 2010年2月27日 »

2010年2月7日 - 2010年2月13日

今月のお題:『誰ガタメノ剣』でいちばん○○だったこと

「誰ガタメノ剣」が終わったばかりですものね~。

今月のお題は「『誰ガタメノ剣』でいちばん○○だったこと」 。



私は「『誰ガタメノ剣』でいちばんしわしわだったこと」。

なんだそりゃ。

わたしは旅の尼、という役でして。

四国をお遍路しているおばあちゃん尼さん。

img20100210.jpg
撮影:木浪香織




おばあちゃんなので、毎日しわを顔に刻むわけですが。

意外とね、見えないんですよ。

書いたつもりでも客席からだとたいした事ないの。

遠慮して書いちゃうとね。

6年前におばあちゃんやったときも、今回よりも小さい劇場だったのに、全然見えないとか言われてしまって。

だからかなり大胆に書くわけですよ。

黒いアイペンシルでしっかりと。

「バカボンのパパを連想させるしわ顔」とたなか智保嬢に言われました。

なんぼのもんじゃい。



最終日。



いつものようにしわを刻み、

「いやー。私天才。いいしわだ。」

などといい、自分を上げ。

ちょっと魔が差して

「もう少し、茶色をいれてみようかね~」

などと、書いたしわの上にこげ茶色のアイシャドウをいれてみたりしたところ。



本番直前ダメだしをもらいに土佐女が集まったとき、伊藤優に

「ちょっと!のび、しわ濃すぎ!!出落ちだろ!!!」

と突っ込まれてしましました。

日々メイクが濃くなっていくという伝説を持ち、

メイクの際には「伊藤優基準」というメイク用語(?!)さえもできてしまった

伊藤優にそこまで言わせた私の顔はいったいどうなっていたのか。

あれ~おかしいなぁ。



そんなわけで、いちばんしわしわだった最終日。



ま、いいや。

ってそのまま出てしまった私は今まででも舞台上でもいちばんしわしわだったことと思います。

意外と、大丈夫だったでしょ?

| | コメント (0)
|

« 2010年1月24日 - 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月21日 - 2010年2月27日 »