« 2012年10月21日 - 2012年10月27日 | トップページ | 2012年12月9日 - 2012年12月15日 »

2012年11月4日 - 2012年11月10日

今月のお題『Fire and Fight,SUMIDAAA!マル秘エピソード!』

もう、ほんとうに、またもや遅ればせながらでごめんなさい。
きゅ~め~るの今月のお題は『Fire and Fight,SUMIDAAA!マル秘エピソード!』。

マル秘、だって?
これは衣裳としては「ふんどし」について語るしかないでしょう。

今回、谷口礼子の提案で女性キャストがメインのバージョンは「ゆかた」、
男性キャストがメインのバージョンは「ふんどし」となったわけでありますが。

わたしたちの想定した以上に、お客さんから
「ふんどし?!」
「ふんどしになるんですか?!!」
「ふんどしになるんですよね?!」
「観たい!」
「いや・・・見たくない・・・!」
などと反響をいただきまして。

これはどうしたもんかな~と考えたわけです。

ここで期待を裏切るわけにはいかない。
でも、あんまり見たくないかたもいるよなぁ。
まあ、別に、自分のところのメンバーのふんどし姿なんて、わたしも取り立ててみたくないわけでwww
その感覚からすると一瞬、がおもしろいよなぁ。。。

など。

それを考え考え、
これは2部の「ガラスの十代」を歌うシーンで派手に一瞬脱いで決めポーズをするとおもしろいのでは!
とおもったのですが。
残念なことに「ガラスの十代」は「ゆかた」キャストで歌われるのだった!!!

そうして生まれたのが「浪漫飛行」でゆるゆると脱ぎだす、というあのシーンになったわけです。

はじめはみんな(片山耀将・千田剛士以外!)いやいやで
脱ぐのもちょっと恥ずかしそうなものだから、
曲終わりまでに脱ぎ終わらないメンバーもいて。
大沼優記にいたっては、「間に合わない」と言っていたけど、
「おまえ、絶対脱ぐのが嫌なんだろう!!」と疑いたくなるほど脱がないwww

「恥ずかしそうに脱ぐほうが、見てるほうははずかしいんだ!!
一気に堂々と脱げ!」

などと、よくわからないダメだしをして、
結果的には

「もう、恥ずかしいもんもこわいもんもないす!」(松本誠談)
「意外とやってみると、いけます!」(大沼優記談)
などと言わしめるという、
役者としては一皮むけた状態に(?!)なったので、
いやあ、よかったなぁ、と
一人で満足しているのですwww

・・・あ、こんなマル秘エピソードで、よかったですか?

さてさて、
他のメンバーのエピソードも楽しんでくださいましね!
他のメンバーはこちらから!
http://qublic.net/

ちなみに。
あのふんどしは、キラキラ橘商店街の肌着の大和で売っております。
すみだでつくっている”しゃれふん”というものなのですよ~
ぜひお試しあれ!
あ。女性はプレゼントにどうぞヾ(;´Д`A

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ありがとうございました!『Fire and Fight,SUMIDAAA!』

おくればせながら。

シアターキューブリック2012
秋のすみだ祭り『Fire and Fight,SUMIDAAA!』
無事千秋楽を迎えることができました。

わたしたちのことを支えてくださったすべての皆様。
本当にありがとうございました。

12年間シアターキューブリックに在籍してきて
おそらく最もいろいろなことを考え、実行した公演だったと思います。
そして、「責任」ということを最も重く感じた公演だったと思います。

いままでも「お客様」の存在を何より大事にしてきたつもりでした。
それでも今公演ではより、お客さんのことを考えました。
これを原点にして、わたしたちはよりよい作品作りをしていきたいと思います。

心より、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします!

みなさんが楽しくなるように。
みなさんが元気になるように。

心の祭りは続くぜ、わっしょ~い!!!

Photo

1

2

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年10月21日 - 2012年10月27日 | トップページ | 2012年12月9日 - 2012年12月15日 »