« 2014年5月11日 - 2014年5月17日 | トップページ | 2014年5月25日 - 2014年5月31日 »

2014年5月18日 - 2014年5月24日

初日があけました!#七人みさき

昨日、シアターキューブリック『七人みさき』の初日があけました。
ご来場くださったみなさまありがとうございました。

土佐の戦国武将長宗我部元親公の晩年を描いているこの作品。
勝手に、ですが、私は今回も元親さんがすごく見守ってくれているように感じます。

今回も、というのは、この作品の前編にあたる『誰ガタメノ剣』で、元親さんが来てくれたから。
不思議に思うかもしれませんが、本当に来てくれたのです。

『七人みさき』は悲劇です。
ですが、そこに描かれた人々が悲しいと思って生きているか、どうか、はまた違うのかな、と。
私は、この作品を通して「今、在ることの幸せ」を感じます。

世に言う七人みさきの伝説も、ただ恐れるだけのお話、ではなく、それが言い伝えられてきた意味、みたいなものを感じたいな、と思うのです。

初日ステージの本番前、シアターキューブリックの恒例行事「気合い入れ」を行ったときに流れた曲がMISIAの『太陽の地図』。
『誰ガタメノ剣』高知公演のときにテーマソングのようにしていた曲。

楽屋に戻った小叉ぴろこさんと、長谷川香さんと、「一瞬にしてあのときのことよみがえって泣けちゃうよね!」って始まる前から感極まっておりました。

あのときの高知の風を。
あの土地独特のにおいや、温度を。
知ってるひとにも、知らないひとにも、感じてもらえたら嬉しい。

あのときにプラスして、素晴らしいのは今回のメンバー。
あのときも奇跡みたいにステキだったけど、今回はまた、別の奇跡がやってきました。
ひとつの弾みたいに観るひとの心に撃ち込んでくる。
そうして作品を作り上げていっているチーム。

素晴らしい出会いをありがとうございます。

ぜひ、この奇跡をご覧いただきたい。
本当に、お芝居は人の生き方みたいに儚くて。
記録に残らないから、どんなに素敵な瞬間も生まれては消えていく。
それでも、挑戦することを止めない、まだまだといってもがく俳優、作演出、スタッフたちの姿は、まさに、と。
この作品を観ていて感じるのです。

今しかない、この奇跡をぜひ今、ご覧下さい。

さあ、二日目の幕が、もうすぐ開くよ!
劇場へいらしてください!!

***********************
シアターキューブリックver.27
『七人みさき』
作・演出 緑川憲仁

四国の戦国武将・長宗我部元親を襲った悲劇を一大スペクタクルで描く

2014年5月21日(水)~25日(日)
劇場:あうるすぽっと (豊島区立舞台芸術交流センター)

★☆★スペシャルサイト★☆★
http://qublic.net/7misaki/

劇団初のツアー公演を果たした『誰ガタメノ剣』に続く
戦国土佐物語は、華やかな四国統一から一転、滅亡へと
舵を切ってゆく長宗我部家の悲劇...。
激動の幾時代を超えてなお大海に轟く魂たちの叫びを、きけ。

= チケット好評発売中! =
https://ticket.corich.jp/apply/53218/002/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年5月11日 - 2014年5月17日 | トップページ | 2014年5月25日 - 2014年5月31日 »