つぶやき

キラキラ橘ドラ街ック商店街!、『11月のレインリリー』終了しました。ありがとうございました!

11月12日、13日開催のイベント
キラキラ橘ドラ街ック商店街!が無事終了いたしました。

ご来場くださった皆様、
ご支援くださった皆様、
関係者の皆様、
本当にありがとうございました。

キラキラ橘商店街をホームに帰ってきたキューピッドガールズとして活動を続けて約5年。
そして、いちばんはじめに演劇公演『曳舟湯の怪人』のまちあるきを行って6年。
まさかこのような大掛かりなイベントを任せていただけるようになるとは思ってもみませんでした。

この手のイベントはお天気が良かったことが何よりの幸い!
シアターキューブリックは元々晴れ劇団の自負があるのですが、
昨年の「ひたちなか海浜鉄道スリーナイン」の雨の経験で、
半年以上前から「雨が降ったら・・・」と正直慄いておりましたので、
天気予報の晴れマークにどんだけ安心感を覚えたことか(;´▽`A``

この街のよさ、この街に住む人のあたたかさを知っていただけたらな、
というのがこのイベントの全てですので、
足を運んでくださった方が少しでも「気になる街」になっていただけたら幸いです。

お会いできたみなさんの笑顔にいろいろなものが救われたと感じた2日間でした。

それから、演劇公演『11月のレインリリー』。
ご覧くださったみなさま、ありがとうございました。
スタッフの皆さま、ありがとうございました。

ミステリーとか謎解きとか商店街回遊型とか!!
初めての脚本という経験にさらに新しいタスクにハードル上がりまくって、
物語としては難解なものになったのではないかな、と感じています。
頭が二つで書いたものを別の人間が演出する、ということも手伝って。

あ、そう考えると仮面ライダーシリーズはすごいな。
1作で脚本家3人くらいいますもんね。

もう一人の脚本担当、片山さんとは、
ちょっと、たぶんお互いにそうできない経験をさせていただいたのではと思います。


いろいろあったので、なんか、もっと、書き残すべきことがあると思うのですけど、
頭の中が未だまとまらない状態で、言葉が出てこないので。
もう少し落ち着いて、また、書けそうなときに書き残したいなと思います。


ひとまず、感謝の気持ちだけでもまず、お伝えしたく。
ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お別れの餞に

4月15日深夜。
おばあちゃんが亡くなりました。
92歳。大往生です。

正直、心の準備がずいぶん前からできていたのでそんなに動揺しなかったつもりですが、
さすがに、親から電話が来た日の夜は声を上げて泣きました。

認知症を患って4年と2か月施設にいたおばあちゃん。

私は介護ヘルパーの資格を持っているのですが、
家族が認知症を患ったら、できれば施設にお願いできるのが
ベストの判断かな、と思っています。
これは一緒に生活してみないとわからない。
だから、いろんな意見があると思いますが、
我が実家では適切に祖母を祖母らしく扱える場所にお願いできたことに
本当に感謝しています。

わがままで、頑固で、強気で。
でも時に涙もろく、赤ちゃんが大好きで。
一生懸命で、とっても素直な人でした。

でも私の知っているおばあちゃんはほんの一部で、
私の知らないおばあちゃんもたくさんの人の中で生きているんだな。
精進落としの席で参列者の方のお話を伺って思いました。


亡くなるということは悲しいように思うけれど、
いつかは私もそうなるから。
人生を全うしたおばあちゃんの最期は、

悲しいと思わないほうがいいように思いました。

最後に会ったお顔が本当に美しかったおばあちゃん。
家族、友人、知人に囲まれ、
あんなに綺麗に最期を迎えられたら、
やっぱり女としては幸せかな、と思うのです。


孫代表で弔辞を読ませてもらいました。
おばあちゃんに餞の言葉を送ることができたのが、
本当にありがたいことです。


「お別れの言葉」

おばあちゃん。
ここに来ておばあちゃんに会うまで、おばあちゃんにどんな顔して会ったらいいか、
正直わからなくて。

でも、会えたお顔があんまり綺麗で、
ああ、穏やかな最期を迎えられたんだな、とホッとしました。
こんなに綺麗な九十二歳のお顔は初めて見ましたよ。うらやましいくらい。

子供のころ、
「おぼごは焼き場さはいぐもんでね(子供は火葬場に行くものじゃない)」
と言われたを思い出し、
子供を連れて火葬場に行かないことを選びました。
そんなわけで私も行けなかったけど、その間にいろんなことを思い出していました。

私の中にはいつでもちゃんとおばあちゃんに教えてもらったことがいっぱい詰まっています。

ひとつは料理。
私の家族はカレーが大好きだけど、
カレーの作り方や味の基本はおばあちゃんのカレー。
いろんなお店でカレーを食べても、やっぱり一番好きなのはおばあちゃんの作ったカレーです。

お米のとぎ方、煮物の味付け、山菜の食べ方、
一人暮らしを始めて、料理のことで困ったときはよくおばあちゃんに電話してましたね。

そして、裁縫や編み物。
いろんな縫い物や編み物をしているおばあちゃんの姿を見て、おばあちゃんに針と糸の通し方を教わったのが始まりで、もう十八年、舞台衣装を作っています。

オシャレで、綺麗なものが大好きだったおばあちゃん。
長女で跡継ぎだから行けなかったけど、
本当は東京の洋裁の学校に行きたかったんだと話してくれましたね。

私は、よく通る声の大きさもおばあちゃん譲りだし、
大きな口を開けて笑う笑い方もおばあちゃんそっくりだと我ながら思います。

忙しかったお母さんに代わって行儀作法や身だしなみも、おばあちゃんによく教わりましたね。
「さだげね!(恥ずかしい)」と言われてよくケンカもしたけど、
それでも、私たち孫のことをよく可愛がってくれました。
赤ちゃんが大好きで、ひ孫たちの誕生もとても喜んでくれましたね。

おじいちゃんが亡くなってからは特に、
何かとおばあちゃんを気にかけてきました。
とにかくおばあちゃんを大事にしたいと思って家族でやってきたつもりです。
うまくいったことも、楽しい思い出もたくさんあるし、
逆にうまくいかなかったことも、誤解もあったかもしれないけど、
でも、奥山家はおばあちゃんが大好きで、
いま、もっともっと大好き、といっておけばよかったな、と思います。

奥山家は愛情表現がへたくそな家族だな、つくづく思います。
大好き、とか、ありがとうって心ではすごくすごく思っていても
ちゃんと言えない人ばっかり。
日本人なんだし、そんなもんか、とも思うけど、
でもやっぱり大好きとありがとうは伝えないとって、
今おばあちゃんの写真をみながら思ったところです。

おばあちゃん、九十二年間お疲れさまでした。
これからもずっと大好きだよ、
本当に本当にありがとう。

平成二十七年四月十八日
孫を代表して。静香より。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

高知のごはんを食べに行こう!

衣裳合わせが、ひとまず終了~☆
シアターキューブリック・今回も衣裳担当奥山です。
まだまだ山のようにある直したちですが、とりあえず、数はそろった、ということで、
芝居と一緒にこれから更なる高みを目指していきますよ。

さてさて、そんななか、『七人みさき』の舞台である高知の名物ごはんが食べられるお店を開拓。
なんと、私の行動範囲内、墨田区にあったのです♪

それが、ここ!じゃじゃーん!!
「どすこい酒場 龍馬」
Kimg1608_480x640


スカイツリーのしたの押上駅から5分くらい!!
好立地ですね。
ポスターもしっかり貼っていただきましたよ☆
中にも!!
Kimg1606_480x640

ランチメニューはこれだあ!
Kimg1607_480x640

かつおのたたき、捨てがたいんだけど、
私の中でヒットなのはこれ。
Kimg1611
チキン南蛮だあああ!

高知に行ったとき、高知のお弁当屋さんくいしんぼ如月で食べたのがおいしくて。
チキン南蛮という言葉に心躍りました(笑)
自家製タルタルソース、美味!
すご~いボリューム!!(写真はご飯半分減らしてもらったのです、これでも!)
付け合わせのお惣菜も美味しい~!

夜メニューはこれ。
Kimg1612

たぶん、頼めば昼も出してくれるのかも。
ランチにお酒もOKみたいだしwww
あ、さすがにいまは飲まなかったですよ!

先日は日替わり定食をいただいて、
牛筋煮込みだったのですが、とろとろの牛筋、コラーゲン!
大変おいしゅうございました。
つぎは、次こそは、カツオのたたきをいただく、と心に決めているのですwww

私たちのホームである墨田区にいらっしゃる際はぜひこちらにも足を運んでみてくださいね!

〒130-0002 東京都墨田区業平3丁目4−13‎
03-3622-2042

ランチ【月〜金】
11:30〜13:30
ディナー【基本無休】
17:00〜0:00
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新年のご挨拶。

Photo

あけましておめでとうございます!

新年、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は、還暦の両親を兄弟・家族でお祝いすることができ、
ちょっとだけ親孝行の真似事ができたようで、
ほっこりの新年を迎えることができました。

今年は午年!
年女です。
体調管理をしっかりしつつ、
ますますみなさんと笑顔を生み出せる年にできますよう邁進いたします。

大好きな皆様ににたくさんの幸せがありますように☆

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


シアターキューブリック 奥山静香

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ありがとうを伝える日

8月25日は一足先に帰ってきたキューピッドガールズで「ビューティーフェア」と称して(笑)
誕生日をたくさんの方に祝っていただきました。
ありがとうございました。

130825qupido100

1日がハードでしたが楽しすぎて眩暈がしそうなほど、
大好きなみなさんに、大好きなメンバーに支えられて、
なんてありがたい1日なんだとすっかり誕生日を迎えた気になっておりましたw

そして、8月30日に35歳になりました。

自分のことなど顧みられない1日を過ごしておりましたらば、
Twitter、Facebook、メールなど、
たくさんお祝いの言葉をいただきまして、
これもまた本当にありがたいことだなぁと
30日も終わるころにしみじみ噛み締めたのであります。

この歳になってつくづく、
誕生日はみなさんにありがとうを伝える日なんだなぁと。
支えてくれてありがとう。
育ててくれてありがとう。
生かしてくれてありがとう。

ひとりじゃとってもじゃないけど生きられなくて。
皆さんに助けられて生きている。

そういうことを感じて、感謝する日。

これからまた1年、
みなさんに助けられながら、お返ししていく1年。
 
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。


こどもたちがケーキを作ってくれました。
Cymera_20130903_001556

クリームごってりw
Cymera_20130903_001854_2

どうもありがとう!
Cymera_20130903_003141

このあと、ケーキは無事子供たちのおなかに収まりましたw
私は一口食べたところで
「お母さんおかわり!」と言われ食べられてしまった。
誕生日のケーキは子供のものだwww

| | コメント (0)
|

新年のごあいさつをば・・・

遅ればせながら。
新年明けましておめでとうございます。

じつはまだまだ年が明けた実感のない2013年の年明けでございます。
紅白を観ていないからかな。
年末年始をお仕事で年明ける方はみんなこんな感じの感覚なのかしら。

今年は前厄なんですよ。
30代は2度も厄があるのよ、女性は。
なんてこった。

ぐええ。
35歳になってしまうのか、今年は!
四捨五入でアラフォーじゃないですか。
むむむ。漢那悦子側に仲間入り。
・・・どんとこい。

年末年始は銚子でカウントダウンイベントと銚子の商店会の初売りイベントに出していただき。
子連れで大晦日21:00のステージと、3:00と、元旦9:00のステージをやらせていただきました。
親世代以上からしたら「子連れて、おい、いい加減にしなさい」といわれそうですが、
まあ、そんなこともあっていいんじゃない~、と思っていただければ幸いです。

昨年は「帰ってきたキューピッドガールズ」メンバーとしてフル回転な1年でございまして。
そして、「シアターキューブリック」劇団スタッフとしてはもう、
わけがわからないほど12年目の必死な年でございました。
干支ひとまわりしても、劇団というものを形作っていくというのは必死なんだと。
旗揚げしたときと変わらない心持で過ごした12年目でした。
・・・いや。
もしかしたら、右も左もわからずがむしゃらだった12年まえのほうが、
今よりずっと楽だったのかもしれません。

今年の抱負としては、「帰ってきたキューピッドガールズ」と「シアターキューブリック」劇団スタッフとして必死であることはもうマストではありますが、もう少し、親としての余裕を持ちたいと思っております。
表現者として、余裕なんてたぶんありえないぶん。
親としてはもうちょっとは子に余裕ある対応を、ね。

そして、もうちょっと、大人の女らしくしよっかな。
・・・なんですか、大人の女って。(←もうだめ)

いま、シアターキューブリック http://qublic.net/ の本公演での衣裳作りで既に必死でございます。
頑張ってるだけじゃダメなことも重々承知な年齢。
何足ものわらじを履きすぎてご無礼申し上げていることが多々あるかと思いますが、本年も変わらぬ叱咤激励いただければ幸いです。

本年もよろしくお願い申し上げます。

Kimg0365
銚子でみた小宇宙☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

富士市立高校へ行ってきました☆

7月11日水曜日。
私と谷口と千田さんで静岡県にある富士市立高校へ行ってまいりました!

なんで???

かというと、わたしたち講師としてお呼ばれしたのです~☆
いえ~い!!(↓という写真w)
Sany1348

ことの始まりは6月の中ごろ。
いつものように帰ってきたキューピッドガールズのレッスンを橘館でやっていたところ、
なにやらスーツの方々が3人でいらっしゃいました。

お話を伺うと高校の先生というではありませんか!
静岡県の富士市立高校は商業高校さんということで、
こちらのビジネス探究科の生徒さんたちが、8月末ごろ、
キラキラ橘商店街に「スカイツリー開業3ヶ月しての地元商店街の今」をテーマに
リサーチ研修をしにこられるとか。
3人の先生方はその下調べにいらっしゃっていたのです。

生徒さんがいらっしゃる日に
「ぜひ、活動の様子を見せて欲しい!」とのことで、
スケジュールの調整をいたしますのでお名刺交換を~とお話さていただいたのでした。

それからわずかのあいだに、
「東京に行く前に、学校に来て講演をしていただけませんか?」
とおっしゃっていただき、伺うことになったのです。

とはいえ、演劇のワークショップなら「演劇であそぼ!」をやっているのですが、
学生さんを前に商店街についてお話するのははじめて!
正直、どう話していいものか、頭の中がぐるぐる状態!!

帰ってきたキューピッドガールズのボス、肌着の大和さんや
区役所の墨田区商店街連合会さんでお話を聞いて、
墨田の商店街の今をまとめ、
さらに、私たちの活動の実体験から感じた商店街への思いや、
これからについてをお話しました!!

Sany1344

つまんない講義はいやだったので、
どうすると学生さんたちが参加してくれるかな?といろいろ考えて質問形式に( ´艸`)プププ
Sany1323
いつ当てられるかわかんないからドキドキよね( ̄ー ̄)ニヤリ
Sany1332_2

わたしたちを取り上げてくださったNHKBSプレミアムの
「スカイツリー外伝2」を流したら、皆さん大ウケ( ̄▽ ̄)

そんなこんなで、たっぷりお話したのですが、
ただ見てるだけじゃつまらないので、劇団らしいことも。

学生の皆さん、墨田の商店街のリサーチに行くということで、
商店街で一番大切なのは「あいさつ」だよね!
というわけで、「あいさつ」ゲーム!!

二人組みになって目と目を合わせ、がっちり握手!
名前を名乗り合い、その後相手の名前を言い合うのを
1分間で何人とできるか、というゲーム。

はじめは「え~」と言う感じのみなさんも、
なんとなく乗せられて、
こんな感じに(*^ー゚)b
Sany1343
なかなかの笑顔!
Sany1342

最後はみなさんで記念撮影をして終了。
Sany1347

いい感じでみなさん楽しそうな顔に、ほっと一息。
ありがとうございました!!

こうして、約70分の講演は幕を閉じたのでありました。
あああ。よかったよ~。
先生方に伺うと、学生さんが書ききれないほどの感想を書いてくださっていたとのこと。
「”楽しかった!”といっていました!」ということで、
一応、お役目果たせた様子。
その後も先生方に手厚くもてなしていただきまして感謝でありました。
(このあと、オモシロい所へ連れて行っていただけたのでそれはまた後日☆)

自分たちの活動を、学生さんに語るというのは本当に新鮮で。
かつ、自分たちの活動の意義を改めて見直すことができました。
こういう機会、めったにないだろうけど、
すごく楽しかったのでまたあるといいなぁと思いました。
もっとこうしたかった、こうすればよかった、と思うこともあったし!

これからの日本の商業を担う学生さんたち!
墨田の姿を見て何をどうおもうのでしょうか。
いろいろなことを感じて欲しいと思います。
そして、「自分はこうしたい」と思う何かを見つけて欲しいと思います。

富士市立高等学校のみなさま!
本当にありがとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おんなごころ

とてもいいうたをみつけました。
子供と観る「みんなのうた」にて。

「6さいのばらーど」

おんなごころとはすごいもので。
うちの子は2人とも男子なので経験してないのですが。
女の子をお持ちのお母さんからは、
「ものごころついたころから、オンナはオンナよ」とよく聞きます。

この歌詞はとてもよく書かれているなぁ、と(笑)
可愛くて、あるある、と思ってしまうところが大好き。

まあ、聞いてみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

あけてましたおめでとうございます!

Nenga2012

遅ればせながら。
あけましておめでとうございます。

2011年は激動の年でございましたね。
人の人生って、よいことも悪いこともおんなじにあるとおもっているから。
たくさん大変なことがあった皆様には
たくさん幸せなことがきっと起こりますように。

2012年はみんながハッピーを掴める年になるよう。
がんばっていきましょう!
がんばっていきます!!

実家に帰っておりましたのでご挨拶が遅くなってしまいました。
震災以後どうもPHSの電波の入りが悪くなってるんですよね~。
田舎ですけど街中なのになぜか一人圏外状態。。。
不思議。

さて。
明日はキューブリックメンバーで初詣♪
楽しみ楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

何のために。

「帰ってきたキューピッドガールズ」を始めることになって
とにかくこの3ヶ月ほど奔走してきた。

久しぶりに表舞台に復帰することになって。
しかも、不相応にリーダーなどと名乗ることになって、
もうこりゃ、自分の今できることをとにかくやるしかないな、と。

ダンスだって、みんなに比べりゃ全然踊ってなかったし。
セリフなんて2年ぶりくらいだし。
歌だってここ数年はカラオケだって行ってなかった。

身体はガチガチに硬くなって。
体力も明らかに衰えている。
ダイエットだってしなきゃいけないし、
お肌には小じわも!!!

これは、大変だ!

と、3ヶ月前には大変焦り、怖かった。
第一線で芝居を続けてきた他のメンバーと並ぶのに引け目を感じていた。

若けりゃ勢いだけでもなんとか許していただけるものを。
最年長(かんながまだ戻ってきていない今は)だなんてなぁ・・・。

でも、稽古を続けていくうちに
この「帰ってきたキューピッドガールズ」は
なんというか、無理のいらないチームだと感じてきた。

もちろん、人様の前に出ることで当然努力しなくてはいけないことがあるんだけど、
それは表現者としての最低ラインだとして。

メンバーとイチから創りあげた私たちのこだわりのなかで。
なにをしたくてこれを始めるのか。
どんな自分たちでいたいのか。
見てくださる方になにを届けたいのか。

そういうのをみんなで1つずつ確認して積み上げたから、
難しいこと考えなくても、
無理をしなくても、
今できる自分の精一杯をお届けすることの勇気みたいなものを得た気がする。

結果、見た目も中身もちんちくりんな私が
アイドルなんてものをバカみたいに本気でやってることで
誰かが「ああ、なんか、元気出るな」なんて思ってもらえれば。
それだけなんだと。
まんま、今の自分が自分でしかないことを見せていくんだなと。
ほんと、芝居の基本みたいなものをつくづく感じております。

私は、なにから何まで自分ですること、好きです。
っていうか、それが当たり前だと思ってきたから、あんまり変だと思わない。
だから、準備からマネジメントまで今のとこなんでもやってるの楽しい。
たぶん、全部が自分の中で表現とつながってるからだと思う。
全ての経験が愛おしく、積み上がって行く気がする。

だから、「大変でしょう?」
とヒトに聞かれても「大変ですよ!」とニコニコして応えちゃうのです。
変かもしれないけど、今は大変を楽しむ余裕が少し、あります。
それは、ひとりじゃない、仲間がいるからでしょうけど。

先日、芝居してきた私をしらないお付き合いのママ友に
勇気を出して「帰ってきたキューピッドガールズ」の存在を伝えたら
ネットで見て感想をくれました。

「なんか、元気になるね!
母親になっても、できることがあるんだなって思えた!」

そっか。
なんか、その言葉のためにこうやって、私は動いているのだ。
と。
改めて感じました。

ドーン!

ということを書きたくて書きはじめたんですが、えらく長くなったな。
公式デビューを前に、たまには長文もいいでしょうか。


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧